こんにちは!ハートマイレージ記者(?)の中戸川です。

忘年会シーズンは、お酒を飲む機会が多くなりますね。楽しくて飲みすぎてしまい、次の日に頭が痛くなったり、気持ち悪くて吐き気がしたり、苦しむことあります。 これが二日酔いです。アルコールは体内でアセトアルデヒドに分解された後、最終的には水と二酸化炭素に分解されるんですが、自分自身の許容を超えて飲みすぎると、 アセトアルデヒドが残って二日酔いになります。 二日酔いを防ぐには飲みすぎないことが一番ですが、「お酒の飲み方」と「おつまみの選び方」も重要なんです。 まずは、飲み方。飲み会ではビールで乾杯して飲み始める人が多いですが、注文したつまみが届く前に、ぷはーっと飲み干してしまう人がいますよね(笑) すぐに2杯目を注文する人もいます。これでは、つまみがそろう頃には酔いが回っているのではないでしょうか?すきっ腹にお酒を流し込むと、胃が荒れますし、 血中のアルコール濃度が急上昇します。 分解しきれないアセトアルデヒドが残って二日酔いの原因になります。胃の中に何か入っているときは、アルコールの吸収が穏やかになりますので、 つまみを食べながらゆっくり飲み始めてください。 ビールを飲んだ後、次に日本酒や焼酎ロックを注文して、ビールと同じペースでグイッと飲んでしまう人がいます。これも二日酔いの原因です。 アルコール度数が高いお酒に変えたときは、ゆっくり飲むようにしましょう。日本酒を飲む際に一緒に飲むお水を「和らぎ水(やわらぎみず)」と言い、 日本酒を飲む際の悪酔いを防いでくれます。日本酒や焼酎ロックを飲むときは、お水をもらってください。ビールと同じペースで飲みたい人は、 ハイボールやチューハイがいいですね。

アセトアルデヒドの分解能力には個人差がありますから、自分のペースでお酒を楽しみましょう。 次に、おつまみ。二日酔い予防にはタンパク質が豊富なおつまみが最適。タンパク質は肝臓を活性化させる効果があるんです。 枝豆、冷奴、刺身、卵料理、肉料理にタンパク質が豊富ですが、なんといっても「やきとり」がおすすめ。 ひびきのかわら版だからといって、無理にこじつけているわけではありませんよ(笑) 豚肉や鶏肉に豊富なアミノ酸「メチオニン」は、アルコールから肝機能を守ると言われています。 また、やきとりの中でもレバーがおすすめで、レバーはビタミンB群の一種であるナイアシンを豊富に含みます。 ナイアシンはアセトアルデヒドの分解に役立つんです。 二日酔いに効く栄養ドリンクで、「ヘパリーゼ」という医薬品がありますが、これはレバーを分解して消化吸収しやすくしたもの。そのことからも、 いかにレバーが有望な食材かわかりますね。二日酔いに効くとされているウコンやしじみより、私はレバーをおすすめします。

ひびきの鶏レバー串も美味しいですが、鶏レバーたまり漬けも美味しいので、ぜひ召し上がってみてください。 ひびきの鶏レバーは好評で、「レバーは苦手だけど、ひびきのは食べられる。うまい。」という声をいただくんです。 ただ、プリプリの鶏レバーを提供するのは大変で、鶏の生産者、物流、工場、配送、店舗が一体になって、 産地選び、素材選び、鮮度管理(温度管理)をすることで可能となる美味しさです。 「肉に旬がある」なんて言ってるのは、ひびきくらいですが(笑)、秋冬の鶏レバーが一番美味しいですよ。 そんなわけで、お酒にはぜひレバーを合わせていただきたいのですが、「レバーを食べたから大丈夫!」と、 いつもより飲みすぎないようにご注意ください。美味しいお酒を自分のペースでゆっくり味わいましょう。

鶏レバーたまり漬け

「鶏レバーたまり漬け」
たまり漬けの「たまり」とは、たまり醤油のこと。醤油の生産量の8割がこいくち醤油なので、 たまり醤油を知らないという人も多いでしょう。 こいくち醤油は大豆と小麦を半々程度使いますが、たまり醤油の原料は大豆が中心で、 小麦は使わないか使っても少量。主産地は愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で、 とろりとしており旨味、風味、色ともに濃厚なのが特徴です。刺身につけたり、照焼きのタレなどに向きます。 「鶏レバーたまり漬け」は、鶏レバーにたまり醤油の味がしみて、お酒のおつまみにぴったり。 鶏レバー串と同様にプリプリの食感で、ボソボソしていません。美味しくてごはんが欲しくなる逸品ですよ!
★鶏レバーたまり漬けが食べられる店舗:ひびき庵(高坂駅西口店、霞ヶ関駅前店、南大塚南口店、指扇駅前店、新河岸駅前店、みずほ台駅西口店)

「五穀ごはん」
ひびきのお店でごはんメニューを注文すると「五穀ごはん(大麦、もちきび、もちあわ、いりごま、アマランサス)」で提供されます。 雑穀ごはんを初めて食べる方でも食べやすいブレンドになっていて、むしろ白ごはんより美味しいくらいです。 「大麦」に豊富に含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を抑えたり、腸内環境を整える効果があるとされています。 やきとりには食物繊維が不足しているので、ひびきの五穀ごはんは、やきとりとの相性が抜群なんです。 一番小さな粒で、ビタミンやミネラルが豊富な「アマランサス」。黄色くてプチプチした食感が楽しい「もちきび」。 日本では米より早く栽培が始まり、縄文時代から食べてきた「もちあわ」。ミネラル、特にカルシウムと鉄が豊富な「いりごま」。 ひびきの五穀ごはんは、美味しくて栄養豊富!そのバランスが素晴らしいですね。
★五穀ごはんが食べられる店舗:飲食店全店、創菜工房ひびきカスミ店