こんにちは!ハートマイレージ記者(?)の中戸川です。今回は「弓削多醤油」をご紹介します。川越周辺には昔ながらの天然醸造の醤油蔵が残っていて、川越の松本醤油や川島の笛木醤油とともに、坂戸の弓削多醤油も地元ではよく知られた醤油蔵です。
「埼玉県産の大豆・小麦を木桶で仕込む」 坂戸市での創業は大正12年。縁あって現在の埼玉県入間市にあった醤油蔵から、 蔵の設備や杜氏さんを丸ごと迎え入れて創業したそうなので、蔵の歴史は200年以上あります。 醤油メーカーとしては小規模なのに、ネットで「醤油」と検索すると、かなり上位に弓削多醤油が出てきます。 実は、醤油蔵に特徴があるからなんです。


弓削多醤油の特徴は、(1)国産原料を使うこと。 国産原料の醤油は全醤油量の0.2%しかありませんが、弓削多醤油では埼玉県産の丸大豆、 埼玉県産の小麦を原材料にした醤油を多くつくっています。
(2)杉製の木桶で天然醸造。仕込む季節や醤油の種類によってはタンク仕込みも行いますが、 主に木桶で発酵・熟成した醤油をつくっています。木桶で醤油を仕込む蔵は少ないのですが、 醤油用の大きな木桶をつくる桶屋さんはもっと少ないのです。 弓削多醤油は「木桶職人復活プロジェクト」に参加しています。 (3)要冷蔵の生醤油。加熱殺菌も精密ろ過もしていない、酵母菌・乳酸菌が生きた生醤油をつくっています。 要冷蔵の生醤油は、全国的にも大変めずらしいものです。
(4)有機JAS認定。国産原料の有機丸大豆醤油をつくっています。
(5)見学施設「彩の国醤遊王国」。坂戸市の本社から歩いて行ける距離(日高市)に醤油蔵があり、 工場見学ができるんです。1時間おきに工場案内を行っていて、タイミングが合えば、 大豆を蒸す作業や醤油を搾る作業、木桶のもろみを撹拌する作業を見ることができます。 軽食コーナーでは、たまごかけご飯、焼きだんご、醤油ソフトクリーム、醤油のプリンなどが楽しめます。 蔵元直売コーナーでは、醤油・つゆ・焼肉のたれ・味噌・おなめ・漬物・醤油アイス・ぬれせんべいが買えます。 年3回、醤遊王国祭というイベントを行っていて、2017年3月4日(土)5日(日)にも開催されます。 遊びながら醤油を学べる施設なので、ぜひ行ってみてください。

「川越にも直売所」 川越市「時の鐘」の近くにも弓削多醤油の直売所がありますが、 ここでも醤油ソフトクリームやたまごかけご飯が楽しめます。行くとビックリするのは、店内に醤油もろみが入った木桶があり、 ここで発酵・熟成させていること。間近で木桶やもろみを観察できるのがいいですね! いったいどんな醤油に仕上がるんでしょう?

「ひびきの想い」 ひびきのお店が主に弓削多醤油を使うのは、蔵元が近く、 味が美味しいことはもちろん、どこで育てた大豆なのか、それをいつどうやって醤油にしたのかが、 わかるからなんです。お店では料理に使用していますが、「新鮮キャベツ 味噌ディップと醤油パウダー添え」 や「弓削多醤油アイスクリーム」といったメニューも、ぜひ召し上がってみてください!(中戸川)


彩の国黒豚は、うま味を引き出すためにサツマイモや麦類を配合した専用の飼料を与えているそうで、甘くてジューシーな脂が自慢。その脂の旨味を十分に楽しめるのが「彩の国黒豚バラ串」です。豚バラ肉のやきとりは、福岡県では一般的ですが、関東ではめずらしいですね。 彩の国黒豚のバラ肉は脂が重くなくあっさりしているのが特徴。臭みもなく、甘く、サッパリ軽やかで、さっと溶けます。ひびきのやきとりは、みそだれが美味しいのですが、彩の国黒豚バラ串は塩コショウで食べます。みそだれは塗らず、そのままで脂の風味を味わってください。 彩の国黒豚の脂の旨みを楽しむなら「しゃぶしゃぶ」だよ!というご意見も多いのですが、脂と玉ねぎの甘味のハーモニーを楽しめる「彩の国黒豚バラ串」も負けていないと思いますよ。


★彩の国・黒豚バラ串が食べられる店舗
やきとりひびき東松山駅前本店
ひびき庵(霞ヶ関駅前店、高坂駅西口店、南大塚駅南口店、新河岸駅前店、みずほ台駅西口店、指扇駅前店、新宿野村ビル店、深川住吉店)
ひびき庵別館(東松山駅前店、さいたまスーパーアリーナ店)
テイクアウト専門店やきとりひびき(丸広東松山店、川越八幡通り店、川越駅前店、丸広坂戸店、丸広日高店)

最近、テレビの情報番組で、バニラアイスに醤油をかけると美味しいというシーンがありました。意外な組合せと思うかもしれませんが、食べて納得!日本人の味覚に合ったクセになる味なんです。熟成期間が長く、うま味の強い醤油がアイスに合うようですが、かける醤油によって味わいが微妙に変わります。キャラメル感が強くなったり、みたらし団子感が強くなったり。 今では多くの醤油メーカーが「醤油アイス」を販売していますが、弓削多醤油が醤油アイスの開発を始めたのは2003年5月。さいたま市の矢口納豆で納豆アイスを食べた弓削多醤油の社長が、醤油アイスを作る決意をします。試行錯誤の末に、2004年6月、関東で初めて醤油アイスを発売しました。ひびきのお店でも、弓削多醤油の醤油アイスが人気です。キャラメル感?みたらし団子感?召し上がって味を確かめてみてください。

★醤油アイスクリームが食べられる店舗
やきとりひびき東松山駅前本店
ひびき庵(霞ヶ関駅前店、高坂駅西口店、南大塚駅南口店、新河岸駅前店、みずほ台駅西口店、指扇駅前店、上板橋駅北口店、新宿野村ビル店、深川住吉店)
ひびき庵別館(東松山駅前店、さいたまスーパーアリーナ店)
ひびき黒豚劇場(川越店、東京国際フォーラム店)
全や連総本店 東京