「灯ろうに浮かびあがる幻想的な夜桜」
こんにちは!ハートマイレージ記者(?)の中戸川です。埼玉県にもいろいろなお花見スポットがありますが、東松山市の「東松山夢灯路」に行ったことがありますか?もともと東松山の上沼公園と下沼公園は桜の名所なのですが、イベント当日は夜桜がライトアップされ、古くから残る路地に約1000基の灯ろうが優しく灯り、幻想的な夜桜散歩ができるんです。

上沼公園と下沼公園を結ぶレンガ敷きの小路を、灯ろうの明かりが1キロ以上続くんですが、こんな大規模なお祭りが、実は100%市民の力で運営されているイベントだと聞いてビックリ!NPOひき21東松山という市民グループと、商店会と自治会が力を合わせて、「東松山を活気ある魅力ある町にしよう!」との思いを胸に、京都市の「花灯路」を参考に「東松山夢灯路」の開催に向け立ち上がったそうです。 当時、商店会の会長をされていた内山さんに話を聞くと、「市民のお金で灯ろうをそろえなきゃならない。そこで、寄付してくれた人の名前を灯ろうに入れることにしました。灯ろう2個で五千円を一口としたわけです。そしたら寄付が500口も集まったんです。」それはすごい!夢灯路は東松山市民の想いで出来ているんですね。 市の商工会のホームページに「夢灯路は、上沼(男沼)にある松山神社と下沼(女沼)の弁天様を参拝すると、二人の想いが叶うと言われている…」と書いてあるんですが、これについても「本当なんですか?」と内山さんに聞くと、「いや本当ですよ。第一回の夢灯路のとき、スタッフの男性と、夢灯路を見に来た女性が出会って、そのとき初めて会ったのに、その後結婚して、今ではお子さんがいますからね。」うわぁ、説得力ある情報ですね(笑)これは行くしかないでしょう。今年の東松山夢灯路は4月1日と2日。灯ろう点灯は午後5時から午後9時。模擬店やコンサートは午後3時からです。上沼公園は東松山駅東口より徒歩15分、下沼公園は徒歩5分くらい。どちらも沼にせり出して咲く桜が美しいですよ。下沼 公園では4月1日と2日、ひびきのやきとりが買えるお店が出る予定です。つくね、もも、特撰かしらなどを召し上がりながら、夜桜散歩をお楽しみください。もちろん、テイクアウト専門やきとりひびき「丸広東松山店」や「東松山駅前西口店」もご利用いただけます。市民のボランティアがつくるイベントですので、ゴミなどは各自持ち帰りましょうね。(中戸川)

川越市の花見のおすすめポイント
「喜多院」(川越市小仙波町1-20-1)
川越市にある桜の名所「喜多院」は、ソメイヨシノと枝垂れ桜が楽しめる寺院で、ソメイヨシノは3月下旬から4月上旬 にかけて、枝垂れ桜は3月下旬ごろに見頃を迎えます。 3月下旬をすぎたあたりから桜が咲きはじめ、満開時にはたくさんの観光客、花見客で賑わいます。境内にはソメイヨシノが約100本。喜多院に到着するや否や、たくさんの桜が出迎えてくれます。

「中院」(川越市小仙波町5-15-1)
中院では枝垂れ桜やソメイヨシノ、彼岸桜を楽しむことができます。 ピーク時には多くのカメラマンやスケッチを楽しむ人などで賑わいを見せます。 近隣の喜多院とともに桜の名所とされているスポットです。川越散策をしてみてはいかがでしょうか。

喜多院や中院のお花見には、テイクアウト専門「やきとりひびき川越市駅前店」や「やきとりひびき川越八幡通り店」が便利です。

坂戸市の花見のおすすめポイント
「高麗川桜堤」(坂戸市泉町地内の高麗川右岸環境側帯)
関東でも有数の清流「高麗川」の河川敷を利用した緑地にあるソメイヨシノ。 開花時期は3月下旬から4月上旬までで、ふるさと遊歩道の散策とあわせて楽しめます。

高麗川桜堤のお花見には、テイクアウト専門「やきとりひびき丸広坂戸店」が便利です。


ひびきのお店でやきとりをテイクアウトするときに予約の電話をすると思いますが、その際、ご来店時間とは別に、召し上がる時間を聞かれることがありませんか?ひびきでは、持ち帰ってすぐ召し上がる場合には、できるだけ焼きたてをお渡しするよう心がけているんです。お花見の場合は再加熱できませんので、お花見会場の近くの店舗で予約をして、召し上がる直前に受け取ることをおすすめいたします。テイクアウトでのおすすめは、冷めても柔らかい「特撰かしら串」。工場のパートさんたちが国産豚肉のコメカミ肉を一本一本スジ切りし、生のかしら串が自重でつぶれて旨みが逃げないよう、少しずつ容器に入れてお店に運んでいます。だから「特撰」なんですね。お店では自社開発のやきとり機で焼く 「ひびき炙り」。両面を同時に焼いて肉汁を閉じ込めるので、ふっくらジューシーな仕上がりになり、冷めても柔らかい食感で楽しめるんです。さすが東松山名物。ピリ辛のみそだれとよく合います。

★特撰カシラ串は、ひびきの全店舗で食べられます

ひびきでやきとりをテイクアウトすると、 ピリ辛のみそだれが付いてきます。この「秘伝の みそだれ」は、2008年からモンドセレクション 「最高金賞」連続受賞中の快挙を成し遂げている 逸品で、やきとりにつけて食べるだけでなく、 さまざまな活用法があるんです。焼肉のたれ、 野菜スティック、ざく切りキャベツのディップソース、 チャーハン、野菜炒めの隠し味等にも使える万能 だれですが、パンに塗っても美味しいですよ! みそだれチューブ(使い切りタイプの小袋)を1つ、 食パンに塗り、お好みでマヨネーズをかけ、 スライスチーズをのせて焼いたらできあがり。 おやつにも、おつまみにもなりますので、みそだれチューブが余った時などに、ぜひお試しください。

★みそマヨチーズトーストの材料:みそだれ3g、マヨネーズ6g、チーズお好みで