ひびきの店で「サフランハイ」(お酒)を提供している理由。~埼玉県鶴ヶ島市の農家を訪ねて


やきとりのひびきが何故サフラン?!
こんにちは!ハートマイレージ記者(?)の中戸川です。 11月、ひびきの社員がサフランの研修に行くというので同行させていただきました。 サフランというのは、黄色い「サフランライス」のサフランです。 やきとり店がなぜサフラン?と思いましたが、そういえば、 ひびきのお店で「サフランハイ」というお酒を提供していましたね。




向かったのは鶴ヶ島市の農家
朝早く向かったのは鶴ヶ島市の農家さん。鶴ヶ島市では、市や農家さんが協力し合って、 サフランの特産化に取り組んでいるそうです。 今回は「鶴ヶ島ひまわり会」の皆さんに、サフランの収穫をご指導いただきました。 カゴの中に、たくさんの球根が並んでいます。 球根から伸びたところにサフランの花が付いていて(花といってもまだつぼみですが)、 まず花を摘みとります。その花の中に、収穫すべきメシベが入っているので、 メシベのみを摘みとります。サフランライスは黄色だから、 花の中の黄色いのがメシベかと思ったら、これは花粉でした。 赤いのがメシベです。この赤いメシベに花粉が付かないように、 抜くような感じで収穫します。メシベは赤いけど、乾燥させたメシベを湯につけると、 黄色い色が出てくるんですね。黄色い色素はクロシンという成分です。 色素は濃く、メシベ7本もあれば、2リットルのペットボトルの水が黄色に染まるほどです。




1グラムのサフランを得るのに140本の花が必要
ひびきのスタッフみんなで体験させていただきましたが、苦労して収穫したメシベを集めても、 たいした量になりません。メシベは細いし、乾燥させたらもっと軽くなってしまいます。 1グラムのサフランを得るのに140本の花が必要だそうで、とても貴重ですね。 11月くらいから開花が始まるので、収穫作業も始まります。シーズン中は毎日、 収穫作業があり、朝の10時までには終わらせるそうです。 涼しい気候にならないと花が咲かないんですね。 メシベ収穫後の12月になると、球根を畑に植え付けます。 球根が育った5月頃、地中から堀り上げ、秋になるまで室内に保管します。 倉庫などの暗い室内で開花を待ちます。これが1年間の、サフランの収穫サイクルです。





地元の特産品を応援
日本でのサフランの主産地は大分県竹田市だそうですが、鶴ヶ島市のサフランも、 これから有名になるかもしれません。鶴ヶ島ひまわり会でサフランに取り組んで6年。 鶴ヶ島のサフラン農家さんの数は20軒ほど。 地元の特産品だから、ひびきでもサフランハイがメニューになっているんですね。 次に飲むときは、サフラン農家の皆さんの笑顔を思い出しちゃいます。(中戸川)




「サフランって何?」
サフランは西南アジア原産のアヤメ科の球根植物で、秋に薄紫色の可憐な花を咲かせます。赤いメシベは乾燥させて、主に黄色い香辛料として料理に、または漢方薬として利用されます。一つの花から3本しかメシベがとれないことや、1年に一度、手作業で収穫が行われるため、非常に貴重です。鶴ヶ島のサフランは、球根を土に植えずに薄暗い蔵の中に並べ、水やりもせず開花させるため、球根の栄養がすべて花に注がれます。そのため、クロシン等の成分が豊富で、色や香り、風味が豊かなメシベとなります。 サフランには、気持ちを落ち着かせる働きや血液の流れをよくする働きがあり、古くから薬用植物として珍重されてきました。近年の研究では、強壮作用があり、さまざまな老化現象の改善に有効なことがわかってきました。脳の循環改善や代謝改善、血圧などにも作用。老人性記憶障害の改善も期待されています。 ティーカップにサフランのメシベを2〜3本入れ、お湯を注ぎ飲用してみてください。サフランの風味と黄色が楽しめます。胃腸の調子が気になる方、冷え性の方におすすめです。 (参考:鶴ヶ島サフラン・スーパーサポーターズ事務局資料)




ひびき仕込み2018はさけ武蔵を使った純米大吟醸です。 香りは洋ナシやバナナのようにフルーティーで 昨年よりもやや辛口に仕上がったひびき仕込みはやきとりと一緒に 何杯でも飲みたくなりますね。 Fast drip(おりがらみ)ビッキー(無濾過生原酒)マドンナ(無濾過原酒) いずれも数量限定ですのでお早めに!

★「鏡山×ひびき仕込み2018」はひびき飲食店全店舗でご提供しております。

家庭でも生の鶏皮を串に刺して、直火で普通のやきとりのように焼くと、 脂肪分に火がついて燃えたり焦げたりします。そもそも生の鶏皮は刺しにくいし、 臭みも出やすい。だから下茹でして脂分を抜いて串に刺した方が、刺しやすく、 焼きやすく、臭みも出にくい。ただ困ったことに、下茹ですると美味しくないんです。 ひびきの鶏皮串は、国産鶏の首皮を「下茹でせず生のまま」店舗で串に打っています。 刺すのも焼くのもプロにお任せください。鮮度管理を徹底しているので臭みもありません。 タレ焼きで提供していますので、みそだれをつけてお召し上がり下さい。

★鶏皮串はひびき飲食店全店舗でご提供しております。