お客様へのお知らせ

12/8 臨時休業のお知らせ (ひびき庵 新宿野村ビル店)



12/8 臨時休業のお知らせ (ひびき庵 新宿野村ビル店)

いつもご利用いただきありがとうございます。

本日、都合により

誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。

なお、明日9日(金)より通常営業となります。

ご来店をお待ちしております。

 

スタッフ一同

 

 

 









秩父の特産品と言えば思い浮かぶもののひとつに、
しゃくし菜の漬け物があります。

今回のシリーズでは、
「しゃくし菜」に注目してお送りします。

私たちは収穫のピークを迎えた11月、
しゃくし菜畑にお邪魔しました。
収穫したてのしゃくし菜は、
茎が白くて、葉も大きく、
ずっしりとしているのですね。

シリーズの初回は、
生産者の富田さんと共にお届けします。


是非ご覧下さい!









全国のご当地焼き鳥が
一堂に会するイベント「やきとリンピック」が、
2016年10月に長野県上田市で開催されました。

今回はこのイベントについて、
ひびきの岩月さんに聞きました。

毎年、場所を変え開催されている「やきとリンピック」。
一日で、全国のご当地焼き鳥巡りができると好評です。
2016年は、約7万5千人が訪れたというところからも、
人気の度合いがうかがえます。

是非ご覧下さい!









彩の国黒豚を取材してきたシリーズの最終回です。

今回は、彩の国黒豚の可能性について
JA全農さいたまの島村さんに聞きました。

ひびきの商品ラインナップを見ると、
彩の国黒豚のカシラ肉は販売されていません。
その理由をうかがうと、やはり、そこにも、
責任あるトレーサビリティを大切にしてきた
ひびきの姿勢が見えてきました。

今後、「彩の国黒豚のカシラ」が
店頭に並ぶ日が待ち遠しくもなりました!

是非ご覧下さい!







お歳暮早期ご予約割引キャンペーン実施中!



pitch-oseibo.jpg

【2016/11/25まで】

日頃のご愛顧に感謝し、

「お歳暮早期ご予約割引キャンペーン」として、

販売させていただきます。


通常価格:3,200円(税抜き)→早割価格:2,800円(税抜き)

※送料は別途かかります。

 

ご購入はこちら→

 

11月12日から11月25日の期間中に

ひびきオンラインショッピングのギフトご注文のお客様へ

 合計 税込3,000円以上、先着50名様に、ひびきグループの飲
 店舗で使用できる「お食事券 4,000円」をプレゼントいたします。
 ※お食事券はランチでは使用できません。
 ”ひびきのやきとり”をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 









彩の国黒豚に注目して取材を続けているこのシリーズ。

今回は、流通に焦点をあてて、
JA全農さいたまの島村さんに、
お話を聞きました。

ひびきといえば、トレーサビリティ。

ひびきの代名詞であるような言葉かもしれません。

そのトレーサビリティは、
それぞれの担当部署の強い責任感によって
守られていることがわかります。

是非ご覧下さい!









彩の国黒豚を追って取材を続けているシリーズ。

今回は、JAで彩の国黒豚を担当している
島村さんに話をうかがいました。

彩の国黒豚倶楽部とも関わりの深い島村さんは、
ブランド立ち上げ当時の環境や経緯を語っています。

しっかりとした決まりを定めて、
ブランドを守ろうという取り組みから感じるのは、
やはり、彩の国黒豚への情熱でした。

是非ご覧下さい!









彩の国黒豚に注目しているシリーズ。

今回は、彩の国黒豚倶楽部の橋本さんに、
今後の展望を聞きました。
出荷頭数が少ない彩の国黒豚。
そのおいしさを、より多くの人に知ってほしいと、
この豚に携わるすべての人が
感じているのではないでしょうか。

現在、橋本さんは、
たくさんの要望に応えようと、
新豚舎の建設をしています。
今後、埼玉の誇りが
さらなる広がりをみせてくれそうです。

是非ご覧下さい!









毎年恒例の日本スリーデーマーチに、

やきとりひびき出店いたします。

武蔵野の自然や歴史と対話し、

世界や全国の歩く仲間との出会いを楽しみ、

心ゆくまで楽しんで歩いたあとには、

「右手にビール」「左手にやきとり!

是非、東松山名物のかしら串、ひびきのみそだれをご賞味ください。

 

「第39回 日本スリーデーマーチ」

【開  催  日】2016年11月4日()から6日まで(3日間)
【開催時間】10:00から17:00
【開催場所】東松山市立松山第一小学校校庭
【 住 所 】埼玉県東松山市松葉町1-1-16
【お問合せ電話番号】0493-21-1493(東松山市役所 教育部 スポーツ課)
 









彩の国黒豚のおいしさの秘密と、
その味を支える人々に焦点を当てて
お届けしているシリーズ。

前回に続いて今回も、"味を支える人"、
彩の国黒豚倶楽部の副会長を務める橋本さんに、
飼育の大変さについて聞きました。

彩の国黒豚の特徴の一つに、
「脚が短いため目線が低くなり、
わずかな段差も嫌がる」というのがあり、
移動するときには、他の豚より、
時間も労力もかかるのだそうです。

飼育の大変さを話す橋本さんですが、
一方で、なぜか嬉しそう。
おいしい彩の国黒豚を、多くの人に伝えたい。
その情熱を感じます。

是非ご覧下さい!