YAKITORI HIBIKI

ごちそう

東松山市で「ハレの日」と言えば やきとり(かしら) なんです。

家族や友人との大切な「ハレの日」は、たっぷりのおいしい料理とともにお祝いしたいものですよね!

そんな「ハレの日」のごちそうといえば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
実は、東松山市で「ハレの日のごちそう」の定番は
なんといっても「やきとり」の「かしら串」なんです!

かしら
東松山名物「かしら串」

「えっ?」
と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも本当に、年末年始やGWなど、
里帰りする家族を迎えるシーズンになると「やきとりひびき」のテイクアウト店には
数十本単位で「かしら串」のご注文が続々と入ってくるんです。

中には一度に100本以上のご注文もあります。

こちらは実際に受けた130本のご注文。6本入りで22パックです。

会社の方々で召し上がる13人分だそうです。(1人分が10本ですね!)

こんな風に、東松山の「やきとりひびき」テイクアウト店には
「親戚が集まるから」
「息子夫婦が里帰りしてくるから」
「子供の運動会観戦に」

など、様々な理由で「40本」「60本」「100本」と「かしら串」のご注文が入ります。

しかし、なぜ東松山では、こんなにも「かしら串」が好まれるのでしょうか?

一説によれば、
1950年代後期の頃、東松山市を含む埼玉県北部から群馬県にかけては養豚が盛んで

当時、市内にある食肉処理場で余りがちだった「かしら肉」を
新鮮に安く入手できることから、屋台で焼いて売り始めたのがそもそもの始まりだったと言われているそうです。

そしてやがて、
東松山やきとりのもう一つの特徴「みそだれ」が加わって
独特の食文化として定着したのだとか。

こちらでは、
そんな東松山に数店舗を構える「やきとりひびき」の串を
ご自宅でも召し上がれる品をご紹介。

「やきとり・やきトン4種16本セット(秘伝のみそだれ付き)」
「やきとり・やきトン4種16本セット(秘伝のみそだれ付き)」

東松山名物の「かしら串」はもちろん、宮崎県産鶏の新鮮なもも肉、希少部位の肩肉、ふわふわ食感のつくね串も味わえるセットです。
全国でも珍しい「やきとりの街」の味を、試してみませんか?

関連記事一覧

Translate »